Top

Blog

|New|
2022/8/5

白髪が気になる方へ

白髪が気になる方へ

白髪ってどうしても気になりますよね。

気になった時、どうしていますか?
①カラートリートメントをする
②市販の白髪染めで染める
③美容室で白髪染めをする
昨今の主流はこの3つになっています。

それぞれどういうものか、知ってる方も多いと思いますが改めて詳しく書いていきます。

①カラートリートメントをする

トリートメントしながら白髪に色を入れていく方法なので、何度も繰り返し使用する必要があります。
しっかり染まらないものの目立たなくなるので、白髪に対して黒髪の方が断然多いという方に向いています。
髪へのダメージも抑えられるので、忙しくてなかなか美容室に行けれないという方にもおすすめされるホームケア方法です。
ただお風呂場やタオルが汚れたり、雨や汗で色が落ちやすいという点があります。
またカラートリートメントが髪の表面をコーティングしてしまう為、美容室でのカラーが染まりにくくなる点も注意が必要です。

②市販の白髪染めで染める

今すぐ白髪をなんとかしたいという時には一番手軽で簡単な方法ではないでしょうか。
ただかなり強力な薬剤の為髪は傷みます。またキレイに染まらない場合があったり、白髪が伸びてきた時に境目がはっきりしやすいです。
また白髪染めで髪を黒くした後に明るい色に変えるためには、ブリーチに近い施術が必要になってしまいます。
髪や頭皮が痛むことで白髪が増えるという悪循環になってしまうので、頻繁に髪色を変えたくなる方は黒に染めないことをおすすめします。

③美容室で白髪染めをする

他と比較すると金額的に高く時間もかかってしまうところはありますが、カラートリートメントよりも即効性があり、市販よりもムラなくキレイに傷みにくく出来るのが美容室の良いところ。色の種類もほかと比べて豊富で、①②をされる方のご来店も多いです。

larmeでの白髪染めは、前回blogで書いた「ゼロテク」を組み合わせることで、白髪が伸びてきた時の境目も目立たなくすることができます。
更に最近SNSで良く見かける「白髪ぼかし」は、larmeでも人気のある施術です。
白髪染めは名前の通り白髪を染めるのですが、白髪ぼかしは白髪を染めません。
髪にベージュ等少し明るめのハイライトをたくさん入れることで、目の錯覚で自然に見せる方法です。
ハイライト(筋)をつけて染めるので、白髪が伸びてきても境目がはっきりしにくく、おしゃれに見せることが出来ます。
白髪ぼかしも主流になりつつありますが、やはり髪全体の色としては明るくなるので、落ち着いた色を好む方には白髪染めがおすすめです。

色々な対処法がありますが、美容室で白髪染めをする際にはぜひお気軽にご相談ください✨